授かり婚でも慌てない!使える!ブライダル向きローン3種

ブライダルローン、フリーローン、ファミリーローン 若手のサラリーマンの中には、将来結婚を考えて付き合ってはいるけれども、まだ家族を養えるほどの蓄えも余裕もないため、結婚に踏み切れない人達も多いと思います。 しかし付き合っている途中で子供ができて、授かり婚を余儀なくされるというパターンも少なくはありません。 もちろん愛し合っている2人の間に子供はできたことは喜ばしことですが、やはりそうなると新しい生活にかかるお金は何とかなるとしても、結婚式にかかる費用のことが心配になることだと思います。 そんな時におすすめなのがブライダル向けの用意されているローンで、多くの人がローンを組んで素敵な結婚式を挙げています。   結婚式のために用意されているローンの中で、真っ先におすすめなのがブライダルローンです。 ブライダルローンとは銀行等が提供している目的ローンで、結婚式や披露宴にかかる結婚費用を借りることができるローンです。 ブライダルローンは一般的なカードローンよりも比較的低い金利で借りられるのが特徴で、5年や8年や15年など長い期間で分割払いが可能になっているおすすめのローンとなります。   その他にもブライダル向きのローンとしてはフリーローンがあって、フリーローンとはその名前の通りに使う目的が限られていないローンで、比較的借りやすいのが大きな特徴となっています。 しかしブライダルローンに比べると一般的に金利が高いのも大きな特徴となっていて、消費者金融が提供している商品になるとかなり高金利のものもあるので、注意して使うようにして下さい。   そしてブライダル費用として利用できるものにはファミリーローンがあって、ファミリーローンとはフリーローンの1で、日常生活の中で家族向けに使用する資金を借りられる商品となっています。 ブライダルの資金の他にも、家族旅行やレジャー資金などとしても利用する人が多く見られます。   このように急な結婚でも利用できるローンはたくさんあるので、自分の借りられる商品の中で最も条件が良いものを選んで利用することをおすすめします。  

徹底的に低金利!これで最後にしたいおまとめローンオススメの3社

 

オリックス銀行「バンクプレミア」は、借りかえ専用ローンです。バンクプレミアには3つの特長がありますとCMしていますが、(1)毎月の返済額や返済総額が軽減されます。(2)計画的な完済が実現できます。(3)毎月の返済管理が楽になります。これは借りかえローンの特長でもあります。
http://xn--t8j0c1cn.net/%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%80%9f%e3%82%8a%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e6%99%82%e3%81%ae%e5%80%9f%e9%87%91%e8%bf%94%e6%b8%88%e8%a8%88%e7%94%bb/

この「バンクプレミア」の利用条件は、前年分の税込年収が500万円以上の給与所得者(自営業は×)で、利用者本人の銀行・信販会社・消費者金融・カード会社からの無担保個人向けローンおよび商品購入ローンがあり、その借りかえ資金として利用することです。 借入可能額100万円〜500万円以内 年利5.0%〜13.5%(固定金利)です。借入金はオリックス銀行から、各既存借入先に振込にて返済されますので、手元に資金が残ることはありません。

またオリックス銀行には「カードローン」があります。金利は業界最低水準の年利3.0%〜17.8%(変動金利)で、利用限度額が800万円になり、月々の返済が7,000円(借入残高30万円以下)のこちらも業界トップの水準です。利用条件は、前年度収入が200万円以上の安定した収入があることです。借入希望額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要になります。借入金の用途は自由になりますので、借りかえやおまとめに使用することも可能です。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミスにも「貸金業法に基づく おまとめローン」があります。バンクプレミアと違い、借りかえの対象が消費者金融・クレジットカードのキャッシング(無担保ローン)に限定されています。融資限度額は300万円、6.3%〜17.8%の実質年利となり、主婦や学生でもパートやアルバイトによる安定した収入がある場合には申し込むことができます。

三井住友銀行グループのモビットは、特におまとめ・借りかえローンという設定はありませんが、借入金の使途は自由になりますので、一本化を目指して、申し込むことができます。モビットは、10秒のスピード審査と最短30分で本審査完了ですので、おまとめを考えて即実行と思われる方には、便利です。利用限度額500万円、実質年利4.8%〜18.0%となり、アルバイトやパート・自営業の方の利用も可能です。但し、おまとめローンの設定ではありませんので、借入が実行された際には、自分で借入先への一括返済の手続きをしなければなりません。

借入先が多く、それぞれの借入金額は少ない場合は、各々の借入先において年利が高くなっているはずです。それを一本化することで、借入総額が多くなり、必然的に低金利で借入ができることになります。結果、今までより毎月の返済額を抑えることができるようになり、健全な返済が可能になります。但し、借入額が多くなるのでそれだけ審査基準は厳しくなります。年収・安定した収入・そして何よりも今までの返済状況です。多数の借入先からの返済を滞ることなく返済しているかどうか、トラブルはないかは重要な審査事項になります。また借入金がまとまったことで返済月数が増えますので、余裕のある資金は返済に回すことが理想です。返済月数を減らすことは利息の支払総額も減ることに繋がります。

おまとめローンのその後…返済金額が減った時に忍び寄る3つの誘惑

    サラリーマンの方でもおまとめローンを上手く利用して、複数のカードローンなどを1本にまとめている人も多いと思います。 おまとめローンとは、これまで複数から借りていた借金を1つにまとめることができて、さらに毎月の返済額を少なくすることができる非常におすすめできるものとなっています。
http://cashing110.biz/
もちろんおまとめローンを利用するのは多重債務者ということになるので、誰でもおまとめローンを利用できるわけではありませんが、審査に通ればおまとめローンを使って毎月の返済金額も減らせることできるようになり、これまでよりも低い金利で返済できる可能性が高くなります。 しかしおまとめローンを利用したばかりに以前よりも借金が増えてしまうというケースもあるので十分に気を付けなければいけません。   おまとめローンを利用すると毎月の返済金額が減ることになるので、中には借金も減ったような勘違いをする人もいます。 毎月の返済が少なくなることで使えるお金に余裕ができるため、今まで我慢していたものを買ってしてしまったり、結婚式などのご祝儀などをこれまでよりも多く包むなど、大盤振る舞いになってしまう人もいます。   さらにおまとめローンを利用することで借金が1つになるため、これまで利用できなかったクレジットカードをどんどん使うようになる人も目立ちます。 おまとめローンを利用する人はもともと多重債務者であったことからも、借入できるとなると借りたい欲求が出てくる人も少なくはなく、どうせ一括払いするのだからということでいらないものまでどんどん買ってしまう人も目立ちます。   こうなると収拾がつかなくなってしまい、最終的には再度カードローンやクレジットカードでローンをするようになる人も多く見られます。 せっかくおまとめローンをして毎月の返済額が少なくなったのに、気が付いてみると借金の総額が前よりも多くなっていたということは珍しくはありません。   このようなことにならないように、おまとめローンを利用する時には、もともと自分がなぜ多重債務者になったのかということを十分に考えて、同じ間違いを繰り返さないように心に誓いを持つことを忘れないようにして下さい。

気が付けば周りは皆FP合格!金融会社に勤めながら効率的に資格取得を目指す3つの方法

金融会社に勤めていると、必ずと言っていいほどFPの資格を取得しなければなりません。どの資格でもそうですが、働きながら資格を取得するのは大変です。日々残業もして疲れ切っているのに、さらに家に帰ってからも勉強をしなければなりません。だからといって資格を取得できないと周りからは冷たい目で見られるし、お給料も上がりません。金融会社に勤めていて、気が付けば周りはみんなFPに合格していた…なんていう話もあります。このFPとは、ファイナンシャル・プランナーの略で、顧客から収支・負債・家族構成・資産状況などを聞いて、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランを立てながら資金計画やアドバイスを行う職業です。金融会社に勤めていれば、今はこのFPの資格を取るのは当たり前となっています。ここでは、金融会社に勤めながら効率的に資格取得を目指す3つの方法についてお話しします。

 

まず1つ目は、夜間の社会人向け大学で学ぶということです。夜間の大学に通えば、FPの資格だけでなくMBAも取得できます。例えば有名な早稲田大学も夜間の講義があり、ファイナンス研究科や会計研究科に入学することでFPの資格を取得することができます。社会人向けの大学の場合、夜間よりも土日に講義がある大学が多いです。ですから土日がお休みならば、一番簡単に資格を取得することができます。また、中には教育訓練給付制度を使える大学もあるので、そのような制度を使うと学費の負担も少なくてすみます。

 

2つ目は、社会人セミナーを利用するということです。大きな都市であれば、社会人のためのFP取得のためのセミナーが毎週末のように行われています。これはインターネットで情報を収集したり、同じ会社の仲間に聞けば見つけることができるでしょう。社会人セミナーを利用することによって、同じFPの資格を取得しようとしている仲間を見つけることもできます。

 

最後の3つ目は、FP取得の会社仲間にレクチャーをしてもらうということです。周りがFPの資格を取得しているなら、それを利用してしまえばいいのです。会社仲間にお願いをして、分からないところはどんどん教えてもらいましょう。しかし、その時にご飯を奢ったり何かお礼をすることを忘れてはいけません。お礼をしないと、ただの図々しい人になってしまう可能性があります。

 

ここでは、金融会社に勤めながら効率的に資格取得を目指す3つの方法についてお話ししました。勤めながらFPを取得するためには、社会人向けの大学やセミナーで学んだり、仲間に教えてもらうという方法があります。自分に合った方法でFPの資格取得を目指してくださいね。

1度味わった借金地獄!お金で苦しまないためにツケ始めた家計簿3つのお約束

皆さんは借金を抱えたことがありますか?借金を抱えると、借金の返済で悩みながら、家計をやりくりして生活していかなければならなくなるのです。そこで、家計のやりくりで重要になってくるのが家計簿です。ところが、家計簿をただ記入するだけでは家計が楽になる、とは言い切れません。今回は上手に家計簿を書いていく上での3つのお約束について書いていきたいと思います。

まず、家計簿を書くときには最初に今月使える金額を記入しましょう。この金額を記入することによって、自分が今月いくら使えるのかを考えながら生活していくことができるのです。そして、今月使える金額を書いた後には、次に絶対にかかる費用を計算しましょう。例えば、家賃や水道代、光熱費などです。これらを計算したあとには、今月使える金額からこれらの費用を引いておきます。この計算によって、食費や医療費、生活雑費にいくら使えるのかを把握することができるのです。いくら使えるかあらかじめ分かっていたらスーパーにお買い物に行っても、無駄使いをしないように気を引き締めながらお買い物をすることが可能ですよね。

そして、家計簿を書いていくにあたって、支出は全部記入しましょう。スーパーでは必ずレシートをもらって保管し、家計簿を記入する際にはかかった金額を正しく記入しましょう。また、スーパーの他に、コンビニでお買い物をした場合にも同様です。コンビニではレシートを受け取らない癖がついていたりすると、家計簿に記入するのを忘れてしまいます。なので、何か購入した際のレシートは必ず受け取る癖をつけるようにしましょう。あと忘れがちなのが、自動販売機のジュース代です。真夏の暑いときや真冬の寒いときには、ふと自動販売機が目に入ると買ってしまいませんか?自動販売機からはレシートは出ませんよね。だからこそ忘れがちなのです。自動販売機で購入した際には帰宅したらすぐに記入する習慣を身につけましょう。家計簿を書いていくと色々な無駄使いに気が付くことができます。家計簿を書く際の3つのお約束を守って、家計簿を上手く使ってお金に苦しまない生活を送ってみましょう。

Copyright © 消費者金融ネット All right reserved.